過剰な思い込み

こんにちは。Stepです。

前回は、

「思い込みには、いい思い込みと悪い思い込みがある」

ということをお話しました。

前回がまだ読まれていない方はこちらからどうぞ。

あなたは、今日行った選択と行動で思い込みによって

とったものはありましたか?

もし思い込みによってとったものなら、

いい思い込みだったか、悪い思い込みだったか

どちらだったか思い出してみてください。

いい思い込みだとさらに強化すればいいし、

悪い思い込みだとすればその思い込みをなくせばいい。

悪い思い込みをしてしまったからといって、

必要以上に落ち込む必要は無くて、

悪い思い込みは失くせばいいのです。

ものごとはなんでもそうですが、正と負の両面があります。

どちらかの極に偏るのはいいことではありません。

どちらも踏まえた上で、ニュートラルにいることがベストです。

ニュートラルな位置が、一番バランスがとれていると言えます。

悪い思い込みは、早く捨てた方がいいです。

それじゃ、逆にいい思い込みとはどんなものか?

いい思い込みには程度がありますが、

例えば、「自分は世界一の資産家になる」と思い込んでいたとしましょう。

でも、思い込んでいただけで、全然行動もせずに、

普通に会社員として毎日帰ってきたらテレビ見たり、

飲みに行ったりしていたらどうでしょうか?

思い込みをしていたら、勝手に向こうから資産が

自分の所にどんどん落ちてくると勘違いしてますよね?

これは、いい思い込みよりも、過剰な思い込みといえます。

いい思い込みはどんどん強化していけばいいとお話しましたが、

それには、注意があります。

それは、「行動する」という前提がつくということです。

思い込んでいただけでは、現実は変わりません。

現実を変えるためには、思い込みが必要なのも確かです。

矛盾しているようなことを言っていますが、

そのケースバイケースによってどちらを考えるか判断しないといけません。

でも、このことを知っておかないといけません。

現実やものごとを変えていくために、思い込みが必要なんですが、

悪い思い込みや過剰になった思い込みは捨ててください。

起こった出来事に対して、自分が思い込みをしているか考える。

いい思い込みをしていれば、思い込みを強くすることを考える、

悪い思い込みや過剰な思い込みなら捨ててください。

悪い思い込みや過剰な思い込みは「百害あって一利なし」です。

思い込みと強くするよに考えたり、

捨てたりするのは、なんかややこしいなっていう声が

あなたから聞こえてきそうですが、仕方ないです。

忘れているかもしれませんが、

思い込みは、あなた自身なんですから。

思い込みを強くしたり、捨てたりすることは、

仕事や普段の生活で起こった事に

冷静にきちんと対応するために必要なんです。

あなたの周りの人を考えてください。

おそらく、ほとんどの人が思い込みをしていることを

気づいてないですし、知りません。

あなたが、これを読むまで、

「思い込みの真実」を知らないでいたようにです。

思い込みに気づいて、いい思いこみは強化して、

悪い思い込みは捨てることができれば、

他の人よりずっとラクに生きることができます。

思い込みにとらわれないように生きていくことは

難しいかもしれませんが、自分の人生を良い方向に向けることができますし、

あなただけのチャンスも広がっていきます。

今日は、

「悪い思い込み、過剰な思い込みは捨てる」

ということを話しました。

ぜひ、あなたが今日体験した出来事のうち、

過剰な思い込みや悪い思い込みはなかったか考えてください。

あればそれは捨てるように明日から意識してください。

ではでは。

メルマガを書いてますので、ぜひこちらから登録よろしくお願いします。

メルマガ登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です