自信が発信するメッセージ

どうも、Stepです。

前回は、

自信は傷つき折れやすいナイーブな存在。

もしなかなか結果を出せずにいて自信が傷つきそうになったら、
過去の自分と比較して今の自分が確実に
進化成長している事を実感するといい。

ということを、話しました。

昨日のあなた、一週間前のあなた、一ヶ月前のあなた・・・。

生きていけばいくほど、過去の自分はどんどん増えていきます。

その無数にいる過去のあなた達よりも、今のあなたは進化しているし、
明日のあなた、一週間後のあなた、一ヶ月後のあなたは
今のあなたよりも成長しているのです。

今日のあなたは昨日のあなたと比べて、
ほんのちょっとしか進化していなくても大丈夫です。

明日のあなたは今日のあなたより
ほんのちょっと成長しているだけでもいい。

それは本当に微差の成長かもしれませんが、
確実にあなたが進化成長していることを実感できたはずです。

そのあなたのささいな進化を目で見て確認できたら、
あなたの中に自信として持ち続けることができるはずです。

もしかしたら、私達は「自己ベスト」を
毎日更新するために生まれてきたのかもしれません。

以前にも言いましたが、あなた自身の状態を
記録する習慣をつけておくのをお勧めします。

記録しておくと、一年前の自分、三ヶ月前の自分、
一週間前の自分との比較が容易です。

今の自分と比較することで、
明らかに進化し成長した自分を実感できます。

落ち込んだときには、昔の記録を見返して

「自分はこんなに成長しているんだ。」

とやる気と元気と前向きを取り戻すことができますよ。

今日のテーマは、「自信」。

このシリーズの第9回目にして、最終回になります。

自信とは心のエネルギーです。

エネルギーだから、目には見えませんが、
確実にあなたの頭や心、そして行動に影響を与えています。

そのココロのエネルギーがない状態で行動すると、
持続力にもパワーにも欠けます。

例えていうならば、へっぴり腰で行動しているようなものです。

地に足がしっかりつかず、力が入らない。

最初から腰が引けているから、スピーディーに動けない。

結果として、パフォーマンス・成果も上がらない。

あっても取るにたらないものです。

自信の「ある・なし」は、想像以上に
成果の差が表れるものなのです。

どんなときでも自信を持ったほうがいい。

過去に実績がなくても、未来のあなたに期待することで
未来のあなたに自信を持てばいいし、それでも足りないなら
「こうなりたい」、「こうしたい」
という強い思いを持つ。

どんな形でもいいから、自信を持つ。

持ってしまえば、なんとかなる。

自信は持った者勝ちなのです。

自信さえ持てば、なんとかなる。

こういうふうに言うと、無責任あるいは脳天気に
聞こえてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

確かな根拠が実はあるんです。

自信を持つということは、過去の自信であれ未来自信であれ、

「自分ができた」

「自分はできている」

「自分はできる」
と思い込むことです。

「できた」「できる」あなたを想定しているわけで、
そこには「できなかった」「できないこと」
の要素は一点もありません。

できるあなたを期待しているし、あなたができると思い込んでいる。

ということは、「できる自分」「自分ができること」
を潜在意識にメッセージとして送り込んでいるのです。

潜在意識は、思考と行動をともに影響し司っているといえます。

潜在意識がいい状態にあれば、
思考にも行動にもいい影響を与えていきます。

自信を持つことで潜在意識に

「できるあなた」

「あなたができること」

をメッセージとして送っていますから、

すべての思考に

「できるあなた」

「あなたができること」

が反映されるようになります。

もちろんすべてが行動にも

「できるあなた」

「あなたができたこと」

が反映されていきます。

自信を持つことで、あなたの思考と行動はすべて

「できるあなた」

「あなたができること」

になっていくのです。

もしあなたが、初めてのこと、想定外の出来事、
自分にとってハードルが高く難しい仕事に直面しても、
自信さえ持っていれば、パニックになることもなく、
「できるあなた」が思考し行動していきます。

「あなたができること」をたんたんと当たり前のように
処理していきます。

そして成果を出す。

周りから見たら、あなたが難しい問題やトラブルを
難なく解決しているように見えるので、あなたへの評価も
あなた自身の魅力も必然的にアップしてしまうのです。

自信を持って行動する。

それだけで、成果と評価と魅力を勝ち得る。

自信をもってドンドン行動して成果を出していくから、
人生の階段を順調に進んでいくことができるのです。

今日の話をまとめると、

自信を持つということは、できる自分という
メッセージを思考と行動を司る潜在意識に送ること。

潜在意識が思考と行動に、できる自分を反映させるようになるから、
難しいこと、新しいことを前にしてもできて当たり前だと考え、
行動につながっていくので、必然的に成果を出す事ができる。

ぜひ、あなたも取り組む前に自信をもって、
「できる自分」というメッセージを潜在意識に
送るように意識してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です