環境が〇〇を活性化する

どうも、Stepです。

今回でこの講座も第50回目になります。

今日もよろしくお願いします。

前回は、

「家庭環境、あなた自身、経済的環境、社会的環境、
人間関係のすべてが整うことで、環境は整っていく。

ただし、環境整えるだけでは何も変わらない。

そこに行動が伴うことで、初めて結果を出すことができる。」

という事をお話しました。

環境を整えることも大事ですが、環境を整えることに夢中になって、
肝心の行動が疎かになると、元も子もないです。

本来なら、環境を整えてしまえば、あとはあれこれ考えずに
行動するだけだから、楽なはずです。

環境を整えるのは本当に大変で、それに疲れて行動に移せなかったり

「面倒だから、さっさとやってしまえ」

と、いきなり行動してしまうから、なかなか思うような結果が
出せないでいるのです。

バランスで言うと、大雑把に言うと、環境9割、行動1割かもしれません。

であるならば、環境を整えてしまえば、もう結果が出たも当然です。

よって、環境を整えることを疎かにしてはいけないし、
ここまで来たからと、行動で手を抜いたりしないでくださいね。

それでは、今日の本題に入っていきたいと思います。

今日のテーマは、「環境」。

いよいよ、第10回にしてついに「環境」の章の完結です。

環境とは、行動のベースになるものです。

行動という種を植えても、植えられた土、養分、水、日光が
十分に与えられてないなら、芽を出して果実をつけることはありません。

環境と行動は、

「ニワトリと卵」

のような関係なのですが、お互いに影響しあっているので、
どちらか一方に力を注ぐのではなくて、
どちらにも力を注ぐべきものなのです。

環境が影響を与えるものは他にもあります。

それは、潜在意識です。

環境とはその人の人生の全てが投影されているものなので、
潜在意識にもダイレクトに影響を与えていきます。

家庭環境、経済環境、社会的環境、人間関係、
そしてあなた自身が万全でなければ、あなたの人生は
うまくいく確立は残念ながら低いと言えます。

環境が悪すぎて、潜在意識が本来持っている力を
発揮できずにいるのです。

具体的に、5つの環境を例にしてお話ししていきます。

例えば、家庭内が不仲で悩んで、お金の使い方が無駄な物ばかりに使って、
目標や目的がなくて、身の周りはすさんだ生活をしている人ばかりに
囲まれて、自信もやる気もないという人がいるとしたら、
人生がよくなることはないでしょう。

そんな人からは潜在意識だって逃げ出したいと思ってしまいます。

こういう環境のもとにいたら、ポテンシャルがあったとしても、
開花できずに人生が終わってしまうのです。

反対に、家庭の仲は順風満帆で、お金を投資や人の役に経つことに使って、
夢や目的、目標を持っている、成長意欲にあふれたっ人が周りに集まり、
いつも自身とやる気に満ち溢れた人がいるとしたら、
必ず応援者が現れ、人生は自分の望む方向に向かって
着実に進んでいけます。

「環境はあなたのレバレッジなしの等身大の実力」

です。

あなたの等身大の実力とは、あなたの過去から現在までの環境であり、
同時に今までの人生の軌跡です。

環境は、あなたの生き様です。

こだわりや軸も、あなたの環境に現れと言えます。

だからこそ、環境を見たらあなたの事が解ってしまうのですが、
あなたの全人生といえるものだから、よかれ悪かれ、長期間、
潜在意識に影響を与え続けていることになります。

環境がそのまま、潜在意識とはいえませんが、
環境の状態が潜在意識の状態に色濃く反映さているいえます。

今日の環境は明日のあなたの人生をつくっていきます。

今日、環境を整えて、行動に移せば、明日からの未来の環境は、
今日よりももっと素晴らしいものになります。

環境をよくすれば、すぐに潜在意識もよくなるというわけではないが、
それでも環境を与えることは事実です。

そういう視点で環境を捉え直してみれば、
行動するにあたっても環境を意識するようになります。

また潜在意識を活性化させるために、
自然と環境を整えるようになっていきます。

潜在意識を活性化させたいなら、
環境を整えることは大切にしてくださいね。

今日の話をまとめると、

「家庭環境、経済的環境、社会的環境、人間関係、
そしてあなた自身の5つからなる“環境”はあなたの人生の軌跡。

環境は長い間、潜在意識に影響を与えているものでもあり、
潜在意識を活性化させるのも環境によるところが大きい。」

あなたも、未来の環境を整えるために、
家庭環境、あなた自身、経済的環境、社会的環境、人間関係を
よくする行動をどんな小さなことでもいいので、
それぞれ一つずつ5つやってみてください。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です