理想的な人間関係をつくる

どうも、Stepです。

前回は、

心が健康だから、感謝できる。

感謝とは心のエネルギーで、
“ありがとう”は自分にイイ流れを起こしてくれた相手にも
イイ流れが来るようにするためのWIN-WINの言葉。

ということをお話しました。

あなたは相手にイイことをしてもらったのですから、
その相手には自分以上のイイことが起こるように、
自分の心のエネルギーを発信するのです。

感謝の本質とは、まさに相手にイイことが起こるようにすることなのです。

ところで、相手にもイイことが起こるように心の中で念じる。

これと同じようなことを体験しませんでしたか。

「自分だけでなく、相手も幸せになるようにイメージするといい」
と先日、お話したばかりですよね。

頭と心の違いがあるだけで、両者は実質的に同じです。

イメージする力が身についていれば、相手にもイイ事が起こるように
感謝することも自然とできるようになります。

「ありがとう」と言うときは、相手の幸せを願いながら、
同時に頭の中でイメージしながらするといいのですよ。

今日のテーマも、「感謝」です。

このシリーズも6回目になります。

感謝とは、自分にイイことを起こしてくれた相手に「ありがとう」と言いながら、
同時にイイことが起こるようにココロの中で願うことです。

相手にイイことが起こるように願うのですから、
その気持ちは口に出さなくても必ず相手に伝わります。

相手の潜在意識が、あなたの気持ちをキャッチしてくれるのです。

相手もあなたに対して、ますます好感を持つようになります。

再びあなたにとってイイことをしてくれるようになり、
あなたも「ありがとう」と言う。

あなたも相手にとってイイことをしたくなって、
相手から「ありがとう」と言われる。

お互いに「ありがとう」のキャッチボールをするようになり、
2人の人間関係がどんどん強固になっていきます。

お互いにイイ流れに乗って、イイことがたくさん起こるようになるのです。

こうお話ししていくと、感謝というココロのエネルギーは
われわれの想像以上のパワーを持っていることが分かります。

感謝は自分のためではなく、相手のためにするものですが、
回り回って、自分に還ってくる。

感謝が、「人間関係」という自分にとってかけがえのない
「無形の財産」をつくってくれるのです。

人間関係は出会った人とつながりを持てば、いつでもどこでも誰でもつくれます。

利害や打算で結びついている人間関係は、築きやすく壊れやすい。

趣味嗜好で結びついいる人間関係は緩く細く、けれども長くつながりやすい。

愛情で結ばれた人間関係は築くのに時間はかかりますが、
いったん結ばれたらお互いに維持しようという気持ちになるので、長続きする。

人間関係もさまざまですが、理想的な人間関係があるとすれば、どんなものでしょうか。

もうお分かりですね。

「感謝」で結びついた人間関係です。

感謝で結びついた関係はWIN-WINですから、
どちらか一方が得てしたり、どちらか一方が損するなんてことはありません。

お互いにイイことが起こる、プラスの人間関係なのです。

いったん築かれると、お互いにイイ流れに乗っているので、長続きしやすい。

それは、「ありがとう」という魔法の言葉で始まります。

イイことをしてくれた人とお互いがプラスになる人間関係をつくっていきたいと
思うのは人情ですが、それ以外の人ではどうでしょうか。

自分になんのイイことをしてくれない人、自分とはなんの接点もない人であっても、
もちろん、感謝することで人間関係を深めることができます。

たとえば、あなたに厳しくダメ出しする上司、
「あの人のようになりたい」と憧れる先輩、いつもすれ違ってばかりで、
今はなんの接点もないけど「イイな」と思っているお異性とも、
感謝を媒介にして関係を好転させたり、深めたりできるのです。

今はまだイイ関係でも深い関係ではないのですから、
相手にイイことをしようと思っても、そもそも何が相手にとってイイこと
なのか分からないし、自分にとってイイと思うことが相手にとってイイことで、
心の中で相手にとってイイことが起こるように願いながら、
「ありがとう」「ありがとうございます」と言うだけでいい。

上司にダメ出しされても、
「いつもありがとうございます。厳しく指摘していただけるので、参考になります」
と、一言添える。

先輩と同席する機会があったら、
「同席できる機会を頂いて、ありがとうございます。本当にうれしいです」と、
感謝とともに素直な気持ちを伝える。

素敵な異性が困っている所を見かけたら、すかさず手助けする。

本当は感謝されるのはあなたですが、
「自分が役に立てることが機会をもらって、ありがとう。
役に立って、嬉しいです。」
と感謝する。

このように感謝にプラスアルファの言葉を添えるのです。

感謝とは相手に心のエネルギーを伝えることですから、
あなたが感謝すれば、相手の潜在意識がそれをキャッチして、
必ずあなたにイイことをしてくれるようになります。

感謝が、あなたへの相手の接し方を変えてしまうのです。

つまり、それまでは良好な関係でなかった相手、なんのつながりもなかった相手とも、
オセロの駒をひっくり返すように、感謝で結びついた関係がつくられていくのです。

「ありがとう」は、魔法の言葉で、どんな相手にも有効です。

「ありがとう」で、あなたと相手に「WIN-WINの架け橋」がつくられるのです。

感謝することで、あなたを起点として理想的な人間関係の輪を
いくらでも広げることができるのです。

今日の話をまとめると、

感謝とは相手にイイことが起こることを願うことなので、
相手の潜在意識がそれをキャッチして好感を持たれるようになる。

感謝で結ばれた人間関係は強固で長く維持されやすい。

「ありがとう」という魔法の言葉をきっかけにして、
自分を起点にした理想的な人間関係をつくることもできる。

です。

お読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です