感慨と感動に浸りたいのですが・・・

こんばんは。Stepです。

無事、今日の朝に東京出張から帰ってきました。

あんまり、バスの中では寝れなかったので少し寝不足です。

いや、バスのせいで眠れなかったというよりは、少し考え事をしてて、

それがなかなか頭から離れなかったのが原因です。

どんなことを考えてたかというと、

東京の出張に行ってたのは、とあるセミナーの潜入の為なんですが

そのセミナーが終わって直後少し感慨深いというか、感動してたんですよね。

セミナー自体は、今回の2日間で終わりですが、オンライン受講はまだ残っているので

完全に終わったというわけではないんですが、やっぱLIVEが終わるとなんか寂しさと感慨深いものに包まれるのと似てて

セミナーが終わったらそれに似たものを感じてたんですよね。

セミナーの主催者 の方には、ほんとお疲れ様でしたと、最高のLIVEでしたと伝えたかったのですが、

それが、見事、僕の気持ちは粉砕されたんですよね。

なぜ、粉砕されたのかというと、

セミナーの2日目が終わった後に、セミナー主催者の友人もちょうどその日、別でセミナーをされてて

そこも飲み会をやれてて、そこに合流しようということになって、

五反田まで行って合流したんですよ。

移動して、お店着いて、そこまではよかったんですよ。

なんかオシャレなお店だけ、入りやすい感じの外観でした。

でも、入って案内された先には、

それは、場の空気がそこだけなんか体感温度が3度増しの暑さがありました。

それに、なんか壁がいい感じに年代感が出てるのに、

人類の進化の絵でなぜか、人間の次に宇宙人になってるし。

cb16bcd45cc9c0c06e7712a1648cf900

座るところが無くて、勝手にお邪魔して

狭い所に詰めてもらって座るしまつ。

なんだ・・・

なんか、自分の中で危険を知らせるセンサーが警報だしてました。

そして、感慨にふける間もなく、

乾杯することになり、隣に座った人は、ビールのピッチャーで乾杯してるんですが・・・

もう、この時点で思考が停止してたんですよね(笑)

ピッチャー片手に、コンサルタントの話をする隣の人や、

酔っ払って、めっちゃダウンしてたのに、隣の人がコンサルの話をすると、

半分目が閉じかかってたのに、異様に目をあけて真剣に聞き出したり、

仙人や和尚さんがいたり、

断食の専門家と呼ばれる人達や、

そんな中に簡単になじんでしまう、ヒトタラシの友人がいたり。

なんか、感動に浸ってる暇なんかなかった。

時間自体は短くて、次の店に行くことになりその時に、自分は離脱した。

そして、頭を冷やすのに、渋谷のタワレコに。

渋谷の人混みを見てると自然と落ち着けてたけど、

あのコミニティは何だったのかという疑問と、そこに入っていける友人とが

なんか変に頭に残ってずっと考えて、結局結論らしい結論は出なかったんですが

やっぱ、

コミニティのリーダーと参加者によって場の空気感が変わるな

ってのが結論かなって思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です