不安を取り除くために~続・不安の原因~

どうも、Stepです。

前回は、

「準備が不足していると不安になりやすい」

と、いうことをお話しました。

どうですか?

今日を振り返ってみて、準備不足で不安に感じた事は
ありませんでしたか?

または、準備がしっかりできていて
不安を感じることなくリラックスして上手くいった。

準備不足で上手く行かなかなったことが多いからといって
自分を責めるのは違うのでやらないでください。

準備不足が不安を招いているなら、
準備をしっかり行えば、不安がなくなるということです。

この事を理解出来ていれば、
準備をしっかり行えるようにこれからはなれると思います。

さて、今日も「不安」についてお話します。

不安の原因は準備不足、行動不足だと
わかっていただけたと思います。

準備不足、行動不足は自分の

「過去の自ら進んで積極的な行動をしなかったこと」

の結果です。

不安の原因は、過去にあるといえます。

実は、不安の原因はもうひとつあります。

それは、「過去」ではなくて、「未来」の原因と
いえるものがあるのです。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、
今からしっかり説明していくのでついてきてください。

準備不足なら準備をしっかりやればいい。

過去に戻ることはできないので、今から
一生懸命取り組めば準備不足を取り返すことができます。

でも、原因が未来にあるとすると、
どういう風に対策をとればいいのでしょうか?

あなたはこんな経験ないでしょうか?

新しいことや経験したことがないこと、
未知の分野に取り組むとき、不安を感じたことは。

まだやったことがないから、どういう結果が待っているか
わからない。

自分の力が、今までやってきたことが通じないかもしれないから、
不安になってしまう。

今の自分ではなくて、

「未来の自分」

が、未来の出来事に対して対処できないと思い込みから、
不安になってしまう。

今までやってきたことがないような新しいことや未知の分野のことは、
経験や知識がない為に、過去の成功体験や自信が
通じにくいものです。

過去にこういう風にやってきたから、
今回はこういう感じになるだろうと予測ができない、
過去の成功の方程式が通じるかどうかわからないから、
やる前から無力感や脱力感を感じて、やる気が起きず
不安に陥ってしまうのです。

本当は過去の成功体験が活かせるかもしれないのに、
「そんなの通じないよ」と自分で勝手に思い込んで不安に
なってしまっている。

あるいは発想をちょっと変えるだけで、
突破口が見つかるかもしれないのに、
不安に襲われてしまって、思考を停止してしまう。

やる前から、諦めて試合を放棄してしまう。

準備不足、努力不足は過去のなまけですが、
こちらは未来の行動を放棄してしまうから

「未来のなまけ」です。

過去と未来、どっちにしろ、「なまけ」にあることは
変わりないといえます。

過去の行動不足と未来の行動放棄と
まったく別物ではありますが。

当たり前のことかもしれませんが、
行動した結果がどうなるのかは、
誰にもわかりません。

新しいこと、未知のことなら、なおさらです。

どうなるかわからないという不安もまた「思い込み」
にすぎないのですが、どうすればいいのか。

結局のところ、行動を増やす、努力するしかないのです。

新しい未知の事をするのだから、何が良い結果を
もたらすのかはわかりません。

けれども、これをやれば上手く行きそうというものを
信じて本気で取り組んで努力するしかないです。

今、行動を起こして、未来の出来事に備える。

今から準備して、未来に向かう。

具体的な策としては、未来の出来事が上手くいくように、
今からできることを書き出して、それを一つ一つ実行していきます。

行動リストをつくって、1つずつ実行していくことで
「ここまでやったから大丈夫」

という達成感を得て、不安を消えていきます。

これは、

「ここまでやったから大丈夫」

という思い込みでもって

「そんなの通じないよ」

という不安の思い込みを消すのです。

どちらも思い込みですが、

「不安から安心に」

書き換えていくことが大切です。

今日の話をまとめると、

もう一つの不安の原因は、未来がどうなるかわからないこと。

今行動を起こして、行動をリスト化して、行動に移していき

不安を解消していく。

ぜひ、あなたも取り組む新しい出来事に対して不安を感じているのなら

今できることを書き出してそれを実行していきましょう。

メルマガも発行しています。
ぜひ、メルマガの登録もよろしくお願いします。

メルマガ登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です