不安は解消できる~不安はマイナスなのか~

どうも、Stepです。

未来に対しての不安に思うことは、今できることから

ひとつひとつ書き出して、それを実行することから行うことを

おすすめする話をしました。

新しいことや、自分がやったことのない未知の分野に

挑戦することは誰しも不安です。

不安に感じて、自分は無理だと言って逃げてしまうのは、
その場しのぎで、楽です。

でも、逃げていても問題が解決することはまずないです。

誰かが勝手にあなたの問題を解決してくれることは
まず間違いなくないです。

問題から逃げている間に、より問題が大きくなって、解決にかける時間も
手間も増大してしまいます。

不安と戦うしか道はありません。

不安という思い込みと戦って、今できることを淡々とこなして、
その新しい出来事に対して立ち向かっていくしかないということです。

実際に、今できることをリスト化していくと、
少し気持ちが晴れたんじゃないでしょうか?

今できることを書いているだけで思い込みが少しずつ外れていきます。

前回お話ししたように、不安の原因は過去と未来にあるとお話しました。

ここまで、不安について話してきましたが、そもそも不安っていうのは
ネガティブなもの、マイナスなものなのでしょうか。

今一度じっくり考えてみましょう。

目の前に起こった出来事にたいして、今の自分の実力ではハードルが高いから、
「できるだろうか」「うまくいかないかもしれない」と思ってしまいがちです。

それが、不安といえます。

不安とは「できないかもしれない」という思い込みですが、
だからと言って、「ネガティブ」や「マイナス」と決めつけることはないです。

なぜなら、ネガティブやマイナスと決めてしまうのは、
それこそ思い込みです。

そもそも思い込みでしかない不安をネガティブやマイナスと
勝手に思い込みをしてしまうので、2重の思い込みになります。

思い込みをさらに思い込む。
なんか変ですよね。(笑)

結果のできるか・できないかは、行動したあとにしかわかりません。

できるかもしれないし、できないかもしれません。

だからと言って、不安を今更ですが、
「ポジティブ」や「プラス」なものと思い込まなくてもいいです。
無理ですよね。

不安という思い込みをプラスの思い込みにする。
これもまた、2重の思い込みと言えて、おかしいですね。

思い込みのところでも話しましたが、思い込みにプラスもマイナスも
ありません、ということを思い出してください。

だから、不安にプラスもマイナスもないのです。

ただ、不安という思い込みをするときは、
「なんか、自分にとってよくないことが起きそう」
というような感じがするので、ネガティブやマイナスに
どうしても感じられがちになってしまいます。

自分自身が「よくないことが起こりそう」と思ってしまうから、
結果として不安イコールネガティブ、マイナスという
結論が導き出されてきてしまう。

そして実際に目につくのは、よくないことや都合が悪いこと。

不安はどうしても誰もが感じてしまうものです。
不安を感じてしまうことは、ある種仕方がないと割り切るしかないです。

ただ、その不安をネガティブやマイナスと決めつけて受け取ることは、
自分が不安に感じて責めたり否定することはしないでください。

また、不安に感じている自分を「弱い人」「勇気がない人」と思ってもよくありません。

不安だから自分を否定して、誰かに頼ったり何かにすがったりしがちですが、
それは「逃げ」と同じです。

不安に感じた時は、不安に感じさせるものよりも、
まず自分に向き合ってください。

自分と向き合って、自分を客観的にとらえたら
自分が今、「不安に感じている」と気づきます。

それが思い込みだということも理解できます。
そしてその不安をただ消せばいいのです。

不安は思い込みですから、思い込みを消す方法が使えます。

まとめると、

不安とは思い込みなので、そもそもネガティブでも
マイナスのことでもない。

また不安を感じている自分を否定したり、責めたり悲観的にならない。

ぜひ、あなたに明日やっていただきたい課題があるのですが、
あなたが明日、取り組む出来事に対して不安を感じているとすれば、
「不安はマイナスでもプラスでもない」
「不安はネガティブでもポジティブでもない」
と念じるようにしてください。

ただそれだけで不安が思い込みだと気づき、
それを消す行動がとれるようになれるので、ぜひやってみてください。

読んでいただきありがとうございました。

メルマガも発行しています。
登録よろしくお願いします。。

メルマガ登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です