不安な人の特徴

どうも、Stepです。

前回は、

「近いうちに取り組む出来事に対して、不安に感じていることをすべて書き出すこと」

を、お話しました。

いろいろ、不安に対しての対策が書けましたか?

ある意味、「不安=玉ねぎ」と言えます。

玉ねぎの皮を1枚、1枚むいていくと、最後は何もない。

不安も同じです。

不安の皮を1枚ずつむいていくと、最後は何もない。

玉ねぎの皮をむくことと、不安を書き出すことは同じことです。

不安に感じていることを書き出して、対応策を全部考えたら、

玉ねぎの皮を全部むいたのと同じです。

やるべきことがすべてわかっているのですから、

それをすればいいだけですから、不安の材料が何もないと言えます。

だから不安の原因や対策を書いた紙を

ポイとゴミ箱に捨てられるのです。

それじゃ、今日の本題の方に入っていきますね。

さてさて、今日もあなたの「不安」についてお話していきます。

不安はこれまで読まれてきた通り、

誰もが感じてしまうもので、避けられるものではありません。

なぜなら、不安は思い込みだからです。

不安になるのは仕方ないことなのですが、それでもなお不安が強い人がいます。

「大丈夫だろうか」

「うまくいかないかもしれない」

と、必要以上に不安に感じてしまう。

こういう人はもちろん、人よりネガティブでもマイナス思考でなのでもありません。

人より「思い込み」が強いのです。

「思い込み」が強いがために、余計に不安になってしまう。

これを逆に考えると、人より想像力が豊かだといえます。

不安とは、これからすることに対して

「上手くいかないかもしれない」

「なんかムリかも」

と思ってしまう感情です。

新しいことや自分にとってハードルが高い仕事、

突発的なトラブルに見舞われた時に、次がどうなるかわからないから、

不安になってしまうのです。

本当はやってみなければ結果はわからないのに、

「うまくいかないこと」

「失敗すること」

「ダメージを受けること」

を事前に想定してしまう。

やる前からネガティブなこと、マイナスになる出来事を想像してしまう。

事前にネガティブやマイナスが見えてしまうから、

実際にネガティブなこと、マイナスになることが引き寄せられて、

本当によくない出来事が起こってしまう。

引き寄せの法則が働いているのです。

想像力が豊かであるがために、ネガティブなこと、

マイナスの事まで思い浮かべてしまう。

一度考えたネガティブなこと、マイナスなことはどんどん

膨らんでいき最悪の事態まで考えてしまう。

その場面を実際に起こることとして感じてしまって、

不安で立ちすくんでしまうのです。

あなたが不安になるとしたら、想像力が豊かな人であるという証拠です、

だったらその想像力をもっと活かせばいいのです。

ネガティブなこと、マイナスになることをつい想像してしまうのだったら、

ムリヤリよくなること、うまくいくことを考えればいいのです。

まずは

「こうすれば楽しくなる」

「これをすればうれしい」

を思うことを1つでいいから、思い浮かべるのです。

これだけでネガティブなこと、マイナスになることを

想像しなくなるわけではありませんが、

楽しいこと、うれしいことを1つ思い浮かべるだけでも、

想像した中身が変わってきます。

つまり、想像した内容を軌道修正していくのです。

楽しいこと、うれしいことを1つ思い浮かべるごとにネガティブなこと、

マイナスになることの要素が減っていきます。

これを続けていくと、不安を感じたときに、

ネガティブなこと、マイナスになることを想像してなくなります。

やがては不安な出来事を想像したとしても、

楽しくなること、うれしくなることを思い浮かべて、

最初に浮かんだネガティブ、マイナスな出来事が巧みに軌道修正されて、

想像した中身をハッピーエンドになるようにガラリと変えられるようになっていきます。

今日の話をまとめると、

「次にどうなるかわからない」という不安に感じる出来事が起こったときに、

ネガティブなこと、マイナスになることを思い浮かべるのは、想像力が豊かな証拠。

ぜひ、あなたが明日取り組む出来事に対して不安を感じることがあるとすれば、

まずその出来事がどういう結果になるか想像してみてください。

そして、もしうまくいかない結果を想像したとすれば、

必ず「こうすれば楽しい」、「これをすればうれしい」と思うことを1つ加えて、

想像した中身を軌道修正してみてください。

そんなこんなで、読んでいただきありがとうございました。

メルマガを配信していますので、ぜひメルマガ登録よろしくお願いします。

メルマガ登録はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です