モチベーションについて

どうも、Stepです。

前回は、

行動の習慣化とは、モチベーション、スキル、健康、時間の4つを管理することであり、
自分自身を管理することにほかならない。

という話をしました。

今日は、早速その4つのうちの「モチベーション」について話したいと思います。

「行動」についての5回目になります。

前回お話しした行動の習慣化のための「モチベーション」「スキル」「健康」、
そして「時間」の4つの管理について、今日から詳しく1つ一つ説明していきます。

まずは、「モチベーション(やる気)」の管理からです。

4つの管理の中で一番難しいのが、「モチベーション(やる気)」です。

モチベーションは何でもないことで上がりやすく、ちょっとしたことで下がりやすい
というアンビバレントな面があります

株価の急騰、乱高下と同じで、コントロールしにくいものです。

例えば、出勤前に毎日5kmランニングすることを習慣化すると決めたとします。

朝起きて5km走ってシャワーを浴びて朝食をたっぷりとってから出勤したとしたら、
心もカラダもONになているので、時間ギリギリまで寝ていて、いつも遅刻スレスレで
出勤するような人とは仕事のパフォーマンスの差が出ます。

出勤前に5kmのランニングする習慣は健康にもいいし、仕事上にもいいえ影響をあたえます。

ただし、続けられるのなら・・・・。

起きてから着替えをして、ウォーミングアップ、そして5kmのランニング完走、
戻ってシャワーを浴びて、出勤準備と、所要時間は1時間程度で終われば早い方です。

出勤前に1時間ぐらいの時間を作るのは、そう苦痛なく作れるかもしれませんが、
朝から大雨が降っていたり、うだるような暑さだったり、雪が降っていることもあります。

こういう日は休んでもいい。

そういう休んでいい日が2,3日と続くようなら、どうでしょうか?

モチベーションが下がり続けて、「今日も辞めておこうかな」となりがちです。

あるいは、付き合いでお酒をたくさん飲み過ぎて、翌朝、今日は大事な商談の日。

「無理しない方がいいかな」と自分でセーブしてしまう。

この場合は、しなくていい理由を探してしまう

天気や付き合いの飲み会、大事な商談は、
自分でコントロールできるものではありません。

やる気満々なのに、雨が降ったり、仕事が忙しくてその時間も取れない。

こういう状態が繰り返されれば、大げさに言うと、自分でコントロールできないものが
「やるか、やらないか」を決めてしまう。

決断を自分ではなくて、コントロールできないものに委ねてしまっている。

コントロールできないがために、モチベーションが維持しにくくなってしまう。

モチベーションは、維持するのが難しいのです。

天気がよかったり、仕事でいいことがあれば、
「今日はやるぞ」とモチベーションは簡単にアップしますし、
反対に天気が悪かったり、嫌な事があれば、これも簡単にダウンしてしまう。

何があっても一喜一憂せずに、同じモチベーションを保ち続ける。

これが、なかなかできないんです。

だから、天気が悪かったりイヤなことがあったりすると、
挫折したりやめてしまうのです。

天気が悪いのも、飲み会が入るのも、大事な商談があるのも仕方ない。

それを「仕方ない」で片付けずに、続けるためにはどうしたらいいのか。

それは、できないときのために「別の方法」を考えることです。

例えば、天気が悪いなら、家の中で筋トレといった別の運動することに切り替える。

お酒を飲んだ翌朝は軽いウォーキングに切り替える。

大事な商談がある日は、仕事から帰宅した後にいつもの半分程度のランニングをする。

このように何かあったときのために、代わりにすることをあらかじめ考えて、
それを実行するようにすればいいのです。

そしていつもどおりやらない日があったら、別の日に5kmではなく、
6kmランニングするなどして、不足分を補うなどをする。

たかが天気や仕事の付き合い程度のことで、モチベーションが下がってしまい、
そのままズルズルといってやめてしまうのは、もったいないことです。

習慣化するためには、モチベーションを上げるより下げないようにする。

下がらないようにする工夫をしておけば、自分のコントロールできないことがあっても、
続けられるものになります。

それでは、今日の話をまとめると、

行動を習慣化するために、モチベーションが下がらないための工夫をする

ぜひ、あなたも習慣化した行動を続けるために、
モチベーションが下がらないようにする工夫を考えてみてください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です